熊本県天草の注文住宅専門工務店。スマイルホームは自然素材にこだわった家造りで健康・安心・快適・笑顔あふれる住まい笑顔創造住宅を目指しています

狭い子供部屋が増えている?その理由は?

こんにちは
スマイルホームです☺︎

本日は、
【6畳以下の子供部屋!
増えているのはどうして?】

以前は6〜8畳のご希望が多かった子供部屋。
近年は6畳以下のと狭くする傾向に…!

その理由は?

↓ ↓ ↓

①部屋にこもらない
②子供が使う期間は短い
③片付けや掃除が楽
④スペースやコストをカットできる

などが挙げられます。

ひとつずつ詳しくお話ししますよ〜☺︎!

↓ ↓ ↓

《①部屋にこもらない》
快適すぎる部屋だと子供が部屋にこもってしまうことも…!
最低限の広さにすることで、必要な時以外はリビングで過ごす習慣をつけることができます◎

《②子供が使う期間は短い》
子供部屋が必要な時期は大体10年〜15年。
実は子供が使わない期間の方が長いのです!
身体が大きくなると窮屈に感じる為、自立を促すこともできます◎

《③片付けや掃除が楽》
狭い分、物も少なくなるので片付けも楽々!
収納場所が限られていると、出したら直すが自然とできるように。
子供自身で片付けや掃除の習慣が身に付きやすくなります◎

《④スペースやコストをカットできる》
狭くして浮いた分のスペースやコストを、
リビングなどの家族共有スペースに回すことで、家族みんなが快適に過ごせる家に◎

.

『『 狭い部屋も良いけど、
  広い部屋も捨てがたい!』』

将来帰省する家族が、
元子供部屋に寝泊まりできるように
広くしたい、、
と、お考えのご家庭も多いです。
そんな時は…

《時期に応じて1つの広い部屋を仕切る》

という方法を取ることも。

仕切りにも色々あります!
⚫︎後付けドア
⚫︎可動式収納
⚫︎カーテンやロールスクリーン
⚫︎パーテーション
 …etc

「姉妹だから年頃でも仕切りでOK!」
「兄弟が多いから2段ベッドや
 ロフトベッドを置きたい!」
「姉弟だから、狭くても完全別の部屋が良い!」

など、家族構成によってご要望も様々。
将来を想像した話し合いをしておくことが大事ですよ☺︎

 

 

関連記事

コメントは利用できません。