熊本県天草の注文住宅専門工務店。スマイルホームは自然素材にこだわった家造りで健康・安心・快適・笑顔あふれる住まい笑顔創造住宅を目指しています

風と光の採り入れ方

明るくて、風通しのいい心地よい住まいづくりを実現するには、光や風といった自然環境を上手く採り入れることです。 採光や通風を工夫することで、四季を通じて、程よい室内温度を保つことができるので、省エネにもつながります。 また住まいを劣化させやすいカビの原因となる湿気を防いでくれるので、湿気や結露対策としても欠かすことのできないポイントです。 しかし、いざ家を建てるとなると、なかなか考えが及ばないのが採光や通風です。

そこで、実際に家を建てた方々の失敗例・成功例を見てみましょう。

【失敗例】
部屋の間取りと開放感を優先した結果、採光を考えておらず北向きの角部屋に。
非常に部屋が底冷えする。
西面の採光を考えて大きなガラス面にしたところ、夏は西日でものすごく暑くゴーヤを植えるなどで、何とか凌いでいる。
南面に窓をとりすぎ、真夏は日差しが入りすぎてとても暑い部屋に…。

【成功例】
南向きで冬は暖かく、夏も風が良く通り割合涼しい。
ガスの床暖房があり、エアコンより気持ちが良い。
3面に窓(開口部)を設け通風に配慮。
夏季でも大阪にいながらほとんど冷房の必要がありません。

 

それぞれに採光に最重点をおき、毎日が明るく気持ちよく生活ができます。朝日が差し込むのは、一日のはじまりとして大切なこと。室内に太陽光がはいるのは、健康上にもかかせません。
採光や通風は、実際に建ててみないと体験できないので、その分建てる前にしっかりと考えておかなければならない項目です。どうしてもプランや素材などに目がいきがちですが、家を建てる際には採光や通風のことも考えた家づくりをしなければなりませんね(^。^)y-.。o○

]]>

投稿者プロフィール

原田 紳治
原田 紳治
いいプランが出来ても図面上では解らないところもあります。バーチャル画面上でお手伝いします。きっとご満足いただけるプランがあります。

関連記事

コメントは利用できません。