熊本県天草の注文住宅専門工務店。スマイルホームは自然素材にこだわった家造りで健康・安心・快適・笑顔あふれる住まい笑顔創造住宅を目指しています

瓦について

皆様こんにちは。本日は瓦についてご紹介したいと思います。
弊社では、「スーパートライ110」「ニューセラ」「セラフィット」の陶器瓦を使用しています。
陶器瓦は、粘土瓦を焼き上げる前に薬(釉薬:ゆうやく)をかけ色を付けた瓦。 製造工程が陶磁器と同じ焼成区分に入る為、「陶器瓦」と呼びます。 釉薬瓦とも呼ばれる、粘土をベースにして焼いた瓦です。粘土を瓦の形にかたどったものの上に釉薬をかけて、高温にて窯の中で焼き上げた瓦を指します。俗に言う日本の三州瓦・石州瓦・淡路瓦の三大瓦はこれに属します。 ただし形は様々でJ型(和型)、F型(平板瓦)、S型瓦等があり住宅デザインに合わせて使い分けられます。粘土を焼いて作るので「火災に強い」「水を吸いにくいので耐久性が高い」という特徴があります。 長持ちするので、住まいを長く使う場合の将来的なメンテナンス費用を減らすことが出来るのです。夏涼しく、冬暖かい。年月とともに深い味わいが出る・色のもちが良い・断熱性能や防音、遮音性能が高いというメリットもあります。

  

※釉薬とは 釉薬は、粘土でつくった器をそのまま焼いたものは「素焼き」と呼ばれ、表面が粗く、材質の異なる粘土を選ぶ以外には色を選ぶことが出来ない上、水を吸収しやすく用途が限定されてしまいます。釉薬を素焼きした陶器の表面に釉掛け(くすりがけ)、釉薬を付けること)をし、焼くと表面をガラス質が覆い、小孔をふさぐために耐水性が増します。また、ガラス質特有の光沢を得ることができ、様々な色や模様も得られる。これは、釉薬の中の長石が焼成時に溶け出してガラス質を形成し、金属成分が熱による化学変化を起こして色を付けるためです。e3547470f17d1cdd9df17f6533e413b2-300x188

■スーパートライ (平板瓦)■ 変色や変質を起こしにくく、時間が経過しても美しい外観を保つことができ、他の屋根材のように塗り替えるなどのメンテナンスも必要がない高耐久で経済的な屋根材です。
下の瓦にハイパーアームが上の瓦のアンダーロックをがっちりと抑え込むため耐風性能が発揮されます。

            


■ニューセラ   (S 瓦)■
石州瓦の高い品質と技術、洗練された美しいフォルムと感性が一つになって生まれた日本の風土に最適な瓦です。

■セラフィット  (平板瓦)■ 棟部、袖部の多彩なバリエーションで、洋風住宅のシャープさから和風住宅の重圧感あふれる演出まで可能な瓦です。 防災機能も充実した安全設計で、外観だけではなく機能までも見事に融合させた瓦です。

大切なお家を風雨や陽射しから守る瓦。 ご相談等ありましたら、お気軽にお問合せください。

フリーダイヤル
 0120-691-1185

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。