熊本県天草の注文住宅専門工務店。スマイルホームは自然素材にこだわった家造りで健康・安心・快適・笑顔あふれる住まい笑顔創造住宅を目指しています

家づくりの豆知識 ~地鎮祭~

おはようございます!Smileホームの宮地です。

今回は家づくりの豆知識をご紹介します。

『家づくりの豆知識~地鎮祭~』

土地の神様へのご挨拶をし、工事の安全や家の繁栄を願って執り行う儀式が地鎮祭です。地鎮祭は「じちんさい」とも言われますが、正しくは「とこ しずめ の まつり」と読みます。地鎮祭は起工式の前に行う儀式で、大安・先勝・友引などの日に行うのが一般的です。

一般的な地鎮祭の流れは、

修祓(しゅばつ)・・・祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

降神(こうしん)・・・祭壇に立てた神籬(ひもろぎ)に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。神職が「オオ~」と声を発して降臨を告げる。

献饌(けんせん)・・・神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取る。

祝詞奏上(のりとそうじょう)・・・その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上する。

四方祓(しほうはらい)・・・土地の四隅をお払いし、清める。

地鎮(じちん)・・・刈初(かりそめ)、穿初(うがちぞめ)、鍬入(くわいれ)当が行われる。設計・施工・建主に振り分けることが多い。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)・・・神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂(しで)を付けたもの。

撤饌(てっせん)・・・酒と水の蓋を閉じお供え物を下げる。

昇神(しょうしん)・・・神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。

馴染みのない言葉ばかりですね・・・。

人の生活の基盤にあるのは家だと感じます。そして、大事な家族を守る家を支えてくれるのは土地です。そう考えると家づくりにおいて地鎮祭というのは、大切な儀式ではないかな?とおもいます(^^)

 

 

 

]]>

投稿者プロフィール

スマイルホーム
スマイルホームは、熊本で新築注文住宅をご提供しています。当社の住まいは「健康」「安心」「快適」をコンセプトとした健康住宅です。本格木造住宅から輸入住宅までお客様の幅広いご要望にお応えします!

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。